見つめ直す時間も必要

なぜを繰り返し本質を知る

多くの人は仕事を辞めたいと考えることがあるのではないでしょうか。
仕事を辞めたい理由はそれぞれに違いますが、共通するのは今の仕事を辞めても、次の仕事を探さなくてはいけない、ということです。
つまり転職が上手くいくかどうか、といったところが共通の悩みではないかと思います。
転職を考える前に、何故仕事を辞めたいのか、自分の本音と向き合う必要があります。
「仕事の内容が嫌」という理由の場合、「なぜ」嫌なのかがポイントになってきます。
「面白くない」と感じるのであれば「なぜ」面白くないのか、といった具合にどんどん掘り下げていきます。
すると気づかなかった自分の本音を見つけることが出来ます。

自分のしたかった本当の仕事とは何か、自分は仕事に何を求めているのか、といったことです。
他にも理由がある人もいます。人間関係が問題で仕事を辞めたいと考える人もいるのです。
職場の人間関係の「どこ」がいけなかったのか、「なぜ」なのか、ここでも自分の本音を導き出します。
この本音の部分が転職の際に必要になってきます。

同じような職場環境や仕事の内容であれば、また同じように辞めたいと思うかもしれません。
変に妥協をすることで、また転職を繰り返すことになるかもしれません。
転職の回数が少ない方が良いのは、誰もが感じることです。
出来れば就職したらその会社で長く働き続けたいとも思うのではないでしょうか。
前職での問題点を明らかにすることで、同じ失敗を繰り返さないようにすることが、転職の一番のポイントだと思います。

転職は難しい時代です。資格や経験が必要とされることもあります。出来れば在職中に必要だと思われる資格や免許を取得して、転職を有利に進めるように準備をしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です