見つめ直す時間も必要

第三者の意見を聞いてみる

毎日楽しく仕事が出来ると良いのですが、なかなかそのような職場は少ないようです。
多くの人が何かしら不満を抱えているのではないでしょうか。
その不満の原因が職場の人間関係であれば、かなりの難問です。
パワハラやセクハラといった言葉もよく聞かれます。ですが問題として取り上げるときにはかなりの勇気を必要とします。

大きく取り上げれば上げるほど、会社での自分の立場が難しくなってくるからです。
一番の目撃者であり、証言者である同僚のほとんどが、無関係の立場をとることが多いからです。
このような人間関係が不満の場合、対処法に困ることが多いと思います。
では仕事内容に関する不満はどうでしょうか。
担当している仕事の内容に不満がある場合、何が不満なのかを見極めることが大切です。
自分のしたい仕事ではないから不満を感じる人もいます。
仕事の成果を認めてもらえないことが不満に感じる人もいます。
工夫して効率よく仕事を進めたいのに、認めてもらえないことに不満を感じる人もいます。
そして自分が感じる不満が、他の人にも共通する不満かどうか、といったことも重要になってきます。

多くの場合はそれぞれ受け取り方も感じ方も違うので、同じように不満を感じる人がたくさんいると考えるのはやめておく方が無難なようです。
まずはしっかりと自分の仕事内容での不満をはっきりさせることが大切です。
そしてその不満を解決するにはどのような方法、手段があるかを考えることです。

この時に注意が必要なのは、自分一人で考えて答えを出さないことです。必ず誰かに相談しましょう。その場合、同じ社内の信用が出来る人にするか、専門家の方が後々トラブルになりにくいので良いのではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です